自転車(MTB)で上野原から笹尾根

コース概要 |  写真と本文 |  地図

コース概要

→ページトップに戻る

写真と本文

県道18号線を自転車(MTB)で行く(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)県道18号線を小菅に向けて自転車(MTB)で走る
(2010年11月28日)

上野原市役所駐車場に車を停め、県道33号線を北に向かう。用竹公民館を過ぎてから、小菅方面を示す標識に従って県道18号線を小菅に向かって走る。

県道18号線は本当に鄙びた道だ。笹尾根を挟んで反対側にある南秋川に沿った都道206号線もかつては鄙びた道だったが、奥多摩周遊道路の開通以来、観光客も車の通行量も増えて雰囲気が変わったのとは対称的な気がする。

どちらが良いかは、その人の好みの問題だろうが、僕達のように自転車(MTB)で訪れる者にとっては鄙びたままの方がその土地土地の生活や雰囲気が残っていて良いものだ。

アップダウンを繰り返しながら標高を上げていく。山の中を行く道に所々集落が現れる。

→ページトップに戻る

郷原バス停まで(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)郷原バス停まで
(2010年11月28日)

いくつかの集落を過ぎ、上野原市役所から自転車(MTB)で走り始めて2時間近くたった頃、比較的大きな集落に出る。そこが西原(さいはら)の集落だ。ここには小学校もあれば上野原市役所西原出張所もある。また、「羽置の里びりゅう館」という施設もあるので、立ち寄ってみると良い。

登山口のある郷原バス停へ行く道はちょっと迷いやすい。西原小横のバス停「学校前」を右に折れ、上の方に位置する集落の中を抜けるバス道に入る。

郷原バス停脇の、山に向かってまっすぐな道を自転車(MTB)を押して歩き始める。

→ページトップに戻る

自転車(MTB)で槙寄山に登る(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)自転車(MTB)で槙寄山に登る
(2010年11月28日)

墓地の横を過ぎて登って行くと程なくして猪侵入対策の門扉が現れる。門扉を開けて入ると、もう山の中である。

広葉樹林の明るい林の中を少しずつ登って行く。この明るさは槙寄山山頂まで続く。やはり秋から冬にかけては南斜面、それも広葉樹林の南斜面の良さは圧倒的だ。

→ページトップに戻る

自転車(MTB)で槙寄山に登る(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)自転車(MTB)で槙寄山に登る
(2009年5月4日)

登りの道は急登もなく、じわじわと登って行く。所々につづら折れも現れるが、殆どの行程を自転車(MTB)を担ぐこともなく押しで行かれる。

1時間半ほど登ると道は二手に分かれる。右は西原峠へと至る広葉樹林の道、左は槙寄山山頂に直接登る針葉樹林の道だ。どちらの道を行ってももう山頂までは10分ほどの道だ。

槙寄山は富士山の眺めが素晴らしい。笹尾根で一番の眺望である。

→ページトップに戻る

笹尾根(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)槙寄山山頂
(2009年5月4日)

富士山を真正面に望む形でベンチが置かれ、暖かな陽射しとともに気持ちの良い眺めが堪能できる。僕の最も好きな場所の一つが、ここ槙寄山山頂だ。

今日も2,3組のハイカー達が山頂に設置されたベンチで富士の山を眺めながら昼食を食べたり、おしゃべりをしたりとくつろいでいる。

→ページトップに戻る

槙寄山(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)槙寄山
(2009年5月4日)

槙寄山から生藤山へと延びる笹尾根は、名前のとおり笹の育つ快適な尾根だ。「アップダウンが多く自転車向きではない。」と書かれたガイドブックもあるけれど、槙寄山から大日峠までの間は所々押して歩く部分はあるけれど、それを考慮しても自転車(MTB)向きの快適な尾根だと僕は思う。

→ページトップに戻る

笹尾根の峠(40代からの山岳サイクリング〔MTBサイクリング〕コース紹介)笹尾根の峠
(2009年5月4日)

大日峠から丸山までひと押しして、小棡へと下ろう。しっかりとした峠道が続いている。所々倒木もあるが、昔は馬も通ったという峠道だ。一貫して南斜面の広葉樹林が続く明るい道だ。

丸山からはのんびりと下っても自転車(MTB)ならば1時間弱で小棡集落の端に出る。そこから更に県道18号線に出るまでには集落の中の急な舗装の坂道を下るが、県道18号線に出てしまえば、後は朝来た道を上野原市役所駐車場まで戻るだけである。

→ページトップに戻る

地図

地形図(国土地理院):猪丸、上野原(1/25,000)

山と高原地図(昭文社):奥多摩

→ページトップに戻る
40代からの山岳サイクリング・ホームページ

Valid HTML 4.01 Transitional